逆援助体験談

逆援助、それはセレブ女性と一般人の秘密の出会い。出会い系や色々な体験談。

体験談  OL/女性/23歳

体験談  OL/女性/23歳

出会い系なんて、、、と正直軽蔑してました。
だけど、元彼に「他に好きな子ができた」と言われて別れたときに一番ビックリしたのは、その新しい彼女が出会い系で知り合ったってこと!
それから、私も出会い系には実際どんな人がいるのか興味を持つようになって始めてみちゃいました。
でも、やっぱり会うのは怖いと思ったけど写メとか電話もするようになって、すっごい緊張したけどこの前会ってみたんです。
それからは、暇なときに彼のバイクで出かけたりご飯食べたりして仲良くしてます♪
なんだか、付き合ってみるのもありかなって今では思ってます。

体験談  OL/女性/29歳

体験談  OL/女性/29歳

Kさんとは、パソコン同士のためか、とっても楽しいメール交際が続いていた。
旅行の事、将来の夢の事…好きなタイプお話…

写真で見る限り、ちょっと顔は「濃い」けれど体型はガッチリタイプで187cmの長身らしいし、何と言ってもメールでは、とっても気が合うし…
Kさんから、メールで「ぜひ、お会いしましょう!」と言われた時、すっごくうれしかった!

お互いに電話番号を交換し…Kさんからデートの打ち合わせの電話がかかってくる。
(やたら沈黙が多い感じ)
それでも、日程、時間はスムーズに決まった。
初対面の人と午前中のデートなんてはじめてかも!

休日の早朝、私は早起きをして身支度を整えた。
H駅の西口のコンビニの前で待ち合わせ。

お気に入りロングブーツに、黒いコート。
そしてアクセントにピンクのマフラ〜。
マニキュアもばっちり。

彼は居た。時間どおりに…
一目見た感想は…「大きい!すっごく大きい。ガッチリではなくでっぷりじゃん!黒豚だ〜。しかも、顔が耳から下だけ大きい…」
車で来た彼に、駐車場を案内した。

K「どうする?」
私「どうしましょうか?」
K「朝ご飯食べたい!どっかない?」
私「う〜ん…喫茶店みたいなとこでいいですか?」
K「…あーそうね」

歩いていく途中に、「朝定食」との文字が飛び込んだ。
半分冗談で「ここもありますよ〜」と言った。
数分後…私は、朝定食の納豆をすするKの前に座っていた。
無料のお茶を、お店のおじさんが持ってきてくれなかったら、どんなにか、手持ち無沙汰だっただろう!

K「朝は、納豆 毎日食べてるよ。」

ふーん、だから、今日も納豆なのね。健康的だ事!
初対面の男とデートなのに、「納豆!」しかも、相手は黒豚!
今までのメールで暖めた関係は、何だったのだろう!

彼が食べ終わると、私は笑顔で
「お昼から用事があるんですよね!?今日はどうもありがとう!」
と言った。

帰りつくと、まだ朝の10時を過ぎたころだった。
有意義な休日になりそう!
クリスマスイブの前日の私は、どこまでもポジティブなのでした。

彼とは、それっきり…!
お互い好みではなかったのかな?
私って、そんなにモテなかったっけ?
こんな待遇を受けたのって初めて!
イイ体験をさせてもらいました・・・

体験談  OL/女性/32歳

体験談  OL/女性/32歳

ぶっちゃけ今ラブラブ中でーーす。
とっても幸せですが、この幸せはいつまで続くの?って時々ぞっとしちゃうのは・・・体質ですかねぇ?

30を超えたある日、このままではいかん!と強く思ったのです。
自分の為に生きる日々から、脱皮したい!!しなきゃあかん!!って強く強く思ったのです。
そうして出会ったのが元彼。

恋愛とは相手との問題ももちろんですが、自分との付き合い方が相手との関係を決めるのだなと大きく学ぶことができた出会いでした。
ものすごく傷ついたし、お決まりだけどもう好きな人なんかできないとも思いました。
でも、それと同時に、もっと私に合う人がいるんじゃないかとも思えました。

だから、私は前に進みたかった。
振り返ったり、止まったりしたくなかった。

今の彼とのメールなどのやり取りがはじまってみて思ったこと。

本当に自分探しだなって。

プロフィールがあるから、ついつい年収だとかいろいろな条件に惑わされるけど、そこはやはり恋愛。好きにならなきゃはじまらない!

今の彼は、沢山のプロフィールの中から私が見つけ出しました。
とにかく、なんだか気になったのです。単純に話がしてみたかったのです。

また、彼との展開で、いままでの恋愛と大きく違ったのは、自分からメールを出した相手だからって思いが、私をすごく積極的にしている!

お付き合いしている今でも、私の方から好きになった人!っていうのはすごく支えになっています。
ベタに解釈すると、最初から負けを認めているようで、肩の力が抜けるみたいなね。
好きになった人に好きになってもらえるなんて!みたいなね。

今までは、相手から好きになって欲しかったんですね。きっと。
とても新鮮で、大切な発見でした。

体験談  主婦/女性/55歳

体験談  主婦/女性/55歳

出会い系サイトに登録してみました。
この年になってお恥ずかしいですが、恋がしてみたかったのです。
メールの感じはすごく良かったです。
何度か出会い系サイト内で遣り取りして、フリーメールのアドレスをお互いに教え合ってからもメールをしました。
お互い会話も盛り上がって、メールの文章もすごく紳士的で会ってもいいかなと思い会う約束をしました。

主人以外の男性と待ち合わせをするなんて本当に久しぶりですごくドキドキしていました。
それなのに待ち合わせ場所に行くと、それらしき人がいない・・・。
不安になりメールしてみると、30分程遅れるとのこと。

30分くらいなら・・・と喫茶店で待っているとしばらくして、一人の男性が話しかけてきました。
すごくだらしない感じの人だったので警戒しているとその男性が待ち合わせの相手でした。
その時点でガッカリしていたんですが、隣に座って肩を抱いてきたんです。

いくらメールを何度もしていたからといって慣れ慣れしすぎる態度に急激に冷めてしまい、お茶を飲んで少しお話して帰ってきました。

体験談 主婦/女性/26歳/

体験談 主婦/女性/26歳/

バツイチの主婦です。友だちに誘われて、出会い系に登録しました。

そして数日。1通のメッセージが届きました。
「プロフィールを見ましたが、もしかして、○子ちゃんじゃない? 僕、小学校一緒だった△△なんだけど。違っていたらゴメンナサイ」

思いもよらない初恋の彼との再会にビックリしました。
小学校を卒業してすぐに、父親の転勤で引っ越してしまった私のことを、しっかり憶えていてくれたのです。

心臓が飛び出しそうな驚きと、一瞬にして湧き上がる期待。
でも、本当に彼かどうかもわからないし、どんな人になっているかもわからない……慎重にメッセージ交換をし続けました。

当時の遊び場だった公園のことや、他の同級生のこと、先生のあだ名の話など、彼が本当に同級生で初恋の人であることが確信できてきました。

おそるおそる近況を話し合ううちに、お互いがバツイチで、しかも、現在は隣の県に住んでいることが判明しました。23年ぶりの再会を果たし、実は彼も私が好きだったという話まで!

貪欲に探し回るのは考えものですが、あきらめない気持ち、人との接点を大切にする気持ちが、今の幸せにつながったのかもしれません。

出会いをあきらめちゃダメ。これからも、前向きで純粋な気持ちで、ステキな出会いを夢見て過ごしましょう。


不倫パートナー 逆援助交際 SEX 逆援助

 | HOME |  »

Calendar

08 | 2018-09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Appendix

Candy

Candy

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks